老後の生活について再び考えさせられたケース

サロンの後輩といった珈琲を呑みながら余談。
家における父お隣の女子の介護の状況や、利益分与で揉めてあるという話を聞かされた。

今まで普通に女子の介護を手伝っていた姉妹も、キャッシュをもらった途端に「今後一切聞き流す」と言い放ったみたい。
苦労して育ててきた小児は利益で揉め、挙句の果てにはキャッシュをもらったらスペック済み取扱い。
今まで家事として過ごしてきた大切な時間は何だったんだろうと思っているに違いない。
はじめて誕生した瞬間の喜び、入学・完了・就職などたくさんのハピネスがあっただろう。
小児を豪華に育て上げる為に一所懸命働いてきて、じっくりしようと思った場合クリニックに預けられ、そうしてキャッシュだけもらって面構えは出さない。
これが今の日本の実情なのだろうか。
僕の父兄は現役だが、老後の事を考えるとちょっと不安になる事が残る。
キャッシュも多彩要するし、売り買いとの掛け持ちも大変。
家もある。
それでも幼きところの事を思い出すと父兄を見限る事はできない。
いじめられてた場合かばってくれた女子、いつもレジャーに連れて行ってくれた父さん。
カップルがいたから今の僕がいるのだ。
キャッシュは有用だが、お金が一部始終ではない。
父兄の愛情があったからこそ、今自分達はこうやってくらしできている。
その事を後輩という話しながらふたたび痛感した。

自分の老後はどうなっているだろうか。
なんとなく見まがう。iPhone7を予約する時に役に立つページ